ShintaBlog

このブログは主にswiftやiosアプリ開発に関して情報を発信したいと思い始めたブログです。

配列をSwiftyJSONでPathな話(前回のおまけ)

今回は前回に引き続きSwiftyJSONの話です。

前回はXAMPPを用いてローカルサーバーを立ち上げてSwiftyJSONでローカルサーバーにあるJSONファイルを変換してって感じでした。

 

 前回の記事

shinta1209.hatenablog.com

 

今回は実際にネットに転がっているJSONファイルを取得して表示させましょう。

 

① まず前回同様 SwiftyJSONをインストールします

 

② 全体のコード

まず全体のコードはこんな感じです。

次から一つずつ見て行きます。

(そして今回取得するJSONはこちら →)  http://zipcloud.ibsnet.co.jp/api/search?zipcode=7830068 

import UIKit
import SwiftyJSON

class ViewController: UIViewController {
   
      let stringUrl = "http://zipcloud.ibsnet.co.jp/api/search?zipcode=7830068"

    @IBAction func startParth(_ sender: Any) {
        
        // 取得したURLをURL型に変換
        let url = URL(string: stringUrl)
        
        // 変換したurlをリクエストするために変換
        //URLRequest型
        let request = URLRequest(url: url!)
        
        // HTTPセッションを作成
        let session = URLSession(configuration: URLSessionConfiguration.default, delegate: nil, delegateQueue: OperationQueue.main)
        
        // HTTP通信を実行する
        // sessionを使ってrequestをdataに代入する
        // dataにJSONデータが入るらしい
        let task:URLSessionDataTask = session.dataTask(with: request, completionHandler: { data, responce, error in
            
            if error != nil {
                print(error)
                return
            }
            //メインスレッドで処理
            DispatchQueue.main.async {
                
            let json = JSON(data!)
            
                print("JSONの中身をまず全て表示")
                
                print("\(json)\nJSONの中身はここまで\n")
                
                print("resultのkana1の中身を参照")
                //JSONの配列名[0]で中身を参照できる["kana1"]はresultsの中にあるvalueのキー値
                //配列が複数ある場合はjson["results"][0]とjson["results"][1]等で配列を指定できる
                print("\(json["results"][0]["kana1"])\nkana1の中身だよん\n")
                
                print("zipcode取得")
                
                print("\(json["results"][0]["zipcode"])\nzipcodeだよん")
            
            }
        })     
        task.resume()     
  }
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
    }
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }
  }
} 

 

③ SwiftyJSONのimport

import SwiftyJSON

 

これをせずにはSwiftyJSONは使えませんから、忘れずにimportしましょう。

 

④ ターゲットのURLを格納

  let stringUrl = "http://zipcloud.ibsnet.co.jp/api/search?zipcode=7830068"

 

⑤  ターゲットURLをURL型、URLRequest型に変換

// 取得したURLをURL型に変換
let url = URL(string: stringUrl)      
// 変換したurlをリクエストするために変換
 let request = URLRequest(url: url!)

 

⑥ HTTPセッションを作成

 // HTTPセッションを作成
        let session = URLSession(configuration: URLSessionConfiguration.default, delegate: nil, delegateQueue: OperationQueue.main)

 

⑦ HTTP通信を実行する

 // HTTP通信を実行する
 // sessionを使ってrequestをdataに代入する
 // dataにJSONデータが入る
 let task:URLSessionDataTask = session.dataTask(with: request, completionHandler: { data, responce, error in
          
//errorがあれば吐き出す if error != nil { print(error) return }

//メインスレッドで実行 DispatchQueue.main.async {
//jsonにJSON型のdataを代入する let json = JSON(data!) print("JSONの中身をまず全て表示") print("\(json)\nJSONの中身はここまで\n") print("resultのkana1の中身を参照") //JSONの配列名[0]で中身を参照できる["kana1"]はresultsの中にあるvalueのキー値 //配列が複数ある場合はjson["results"][0]とjson["results"][1]等で配列を指定できる print("\(json["results"][0]["kana1"])\nkana1の中身だよん\n") print("zipcode取得") print("\(json["results"][0]["zipcode"])\nzipcodeだよん") } }) task.resume() }

 

 こんな感じです。

 基本的には

 → URLを型変換して→ HTTPセッションを作成して → JSON解析開始

みたいな感じです。

自分もまだSwiftyJSONを触ったばかりなので、こんな書き方がいいよーとかがあれば是非コメントをください。

次はSwiftyJSON & Alamofireを使って解析して見ようと思います。